iPhone 8とiPhone 7の違いを比較:アイフォン8性能はどう?iPhone 8とiPhone 7どっちが買い?

iphone8-www-01.jpg

Apple(アップル)が9月12日(日本時間13日午前2時)に、新製品発表イベントを開催し、正式に4.7インチの「iPhone 8」、5.5インチの「iPhone 8 Plus」を発表した。そしてiPhone 10周年(iPhoneが初めて発売されてからちょうど10周年)にあたる記念すべきこの2017年で、iPhone発売10周年記念モデルとなる5.8インチの「iPhone X」も登場した! iPhone 8とiPhone 7どっちを買えばいいのか?アイフォン8はiPhone 7の不振から抜き出すできるか?iPhone Xはどこが特別なのか?次はアイフォン8最新情報(アイフォン8性能、 iPhone 8発売日など)をまとめて、iPhone 8とiPhone 7の違いを比較してみます。気になる部分からご覧になってみてください!必ず皆さんが知りたい情報がみつかるはずです! 

前記事はこちらへ>>

iPhone 8/8 Plus/Xの発売日、値段をチェック>>

iPhone 8とiPhone 7の違いを徹底チェック! 

その一:デザイン  

iPhone 8とiPhone 7比較: 画面サイズ

iPhone 8とiPhone 8 Plusの大サイズは、現在のiPhone 7ボディサイズのままで4.7インチから5.0インチに、5.5インチから5.8インチとそれぞれ大画面化になるうわさもありましたが、iPhone 8最新情報から見ると、iPhone 8とiPhone 8 PlusはiPhone 7と似たラウンド形状、iPhone 7などと同じく、4.7インチと5.5インチの2モデルがラインナップされる。大きさは若干変わっていて、iPhone 8は138.4×67.3×7.3mmで重さ148gで、iPhone 8 Plusは158.4×78.1×7.5mmで重さ202gです。iPhone 7iPhone 8を比べると、幅と厚みが0.2mm、長さが0.1mm大きくなり、10g重たくなり、iPhone 7 PlusiPhone 8 Plusを比べると、各寸法が0.2mmずつ大きくなり、14g重たくなりました。

最上位のiPhone Xは5.8インチで、新しいデザインを採用している。

iPhone 8とiPhone 7比較:iPhone 8に有機ELディスプレイ搭載

2016年9月Appleが発売した「iPhone 7/7 Plus」のディスプレイについて、ディスプレイテストのDisplayMateはモバイル液晶として過去最高と評価し、 色域が従来より広くなっているため、表現できる色そのものも、よりビビッドで幅広くなっています。そしてiPhone 8ディスプレイは4.7インチ(1334×750ピクセル)と5.5インチ(1920×1080)で、解像度やアスペクト比iPhone 7と同じです。iPad Proで採用されている広い色域に対応した「True Toneディスプレイ」をiPhoneとしては初めて採用しました。True Toneと広色域を持ち、3D Touchに対応するRetina HDディスプレイ。かつてないほど 美しくなりましたiPhone 8は、どんな環境でも、あなたの目により優れた体験を提供します。

iPhone 8とiPhone 7比較:iPhone 8に機体は金属からガラス製

iPhone 7は、「iPhone 5」から採用し続けてきた金属製ボディで、全モデル「iPhone 6 / 6s」とほぼ同じな外観を持っています。そのせいか、iPhone 7へ機種変更したい人が少ないです。iPhone 10周年である2017年に登場するiPhone 8に、iPhone 4と同じ、iPhone 7が側面・背面がつながった金属ケースであるのに対し、iPhone 8では背面がガラス、側面がアルミ合金となっています。背面がガラスで側面が金属のデザイン構成は、iPhone 4/4sでも採用されていました。背面がガラスになったことで、非接触充電(Qi規格準拠)にも対応できるようになります。前面と背面にはより強化されたカスタムガラスが採用されています。

iPhone Xは、iPhone 8とiPhone 8 Plusと違って、前も後もガラス面を搭載しています。Appleによると、このガラスには強度を増すための層を入れているため、「スマホの中でも最も耐久性がある」と説明しています。 

その二:カメラ

iphone8-www-03.jpg 

前代iPhone 7 Plusでは、デュアルカメラによって光学ズームが可能になりました。iPhone 7 Plusのデュアルカメラの構成は、望遠カメラモジュールと光学式手ブレ補正(OIS)対応の広角カメラモジュールですが、レポートによれば、次期iPhoneのハイエンドモデルのデュアルカメラの構成は、望遠・広角の両カメラモジュールに光学式手ブレ補正を採用します。これにより光学ズームの品質も大きく改善するとしています。2017年に発売されるiPhone 8の背面カメラは1200万画素のシングルレンズで、センサーや処理機能を一新し、より軽量に、そしてより電力パフォーマンスが向上が図られています。iPhone 8 Plusでは、背面カメラに1200万画素のデュアルレンズを採用し、f/1.8の広角レンズとf/2.8の望遠レンズが搭載されています。これにより静止画撮影においては最大10倍、動画撮影においても最大6倍の光学ズームに対応する運びとなりました。カメラ自体のスペックはiPhone 7から大きな変更が行われていませんが、画像処理関係が大きく改善されて、被写体の深度をより正確に捉え、美しく撮影できるようになりました。

また、ビデオ撮影機能も大幅に強化されており、4K画質で60fpsの撮影が、1080pの画質では最大240fpsの撮影が行えるようになりました。これは従来モデルの4倍ものフレームレートとなっており、スローモーション映像の撮影はより強化されたと言えます。

その三:プロセッサ

iPhone7の搭載している「A10 Fusion」チップは、まったく新しい4コア設計を採用し、2つの高性能コアと2つの高効率コアを持っています。高性能コアはiPhone 6の最大2倍の速さで動作し、高効率コアは高性能コアのわずか5分の1の電力で動きます。また、A10 Fusionチップを搭載したので、今年からは次の充電までの時間にこれまで以上の余裕が生まれます。それに対して、iPhone 8では「A11 Bionic」と言うチップを搭載。iPhone 7のA10チップに比べてコア数が4から6に増えた。速度はA10に比べて70%高速、GPUは30%の高速となった。 

その四:ワイヤレス充電に対応

iphone8-www-02.jpg

ここ数年で市場に出てきた「ワイヤレス充電」対応の機種は多くなりました。その中では、Galaxyは代表的な機種としてとても人気な機種となりました。充電パッドにスマホを置くことだけで充電でき、ペアリング設定などスマホを操作する手間さえ必要なし、接続コネクタが存在しないので、たとえば水濡れ充電による感電や、充電ケーブルの抜き差しによるコネクタ部の破損といった心配がなくなります。前代のiPhone 7より期待されていたワイヤレス充電は、今回iPhone X、iPhone8、iPhone8 Plus三機種に全部搭載し、規格はQi(チー)で、スタンダード、充電器の上に置いただけで充電開始し、とても便利です。もちろん、全モデルにLightningコネクタがあるので、有線充電もできます。

ただし、iPhone X、iPhone8、iPhone8 Plusのワイヤレス充電を行うには別売りのアクセサリ"mophie wireless charging base"(6980円[税別])が必要となります。

その五:色

iPhone7は前モデルiPhone6sと同じ、ゴールド、シルバー、ローズゴールド、ブラック、ジェットブラックの四色。一方、iPhone 8最新情報によると、iPhone 8では、「Blush Gold(ブラッシュゴールド)」と呼ばれる新色が追加される予定で、64GBと128GBの2ラインナップである。そして発表したiPhone 8/8 Plusのカラーは、バリエーションはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色に減って、iPhone Xはシルバー・スペースグレイの2色です。iPhone 7にあったジェットブラック・ローズゴールドは引き継がれませんでした。 

iPhone 8と7詳細スペック(性能)比較>>

iPhone 8とiPhone 7の違い:iPhone 8発売日と価格は?

iPhone 8とiPhone 7比較:発売日 

iPhone 8/8 Plus
予約開始:2017年9月15日(金)午後4時01分
発売日:2017年9月22日(金)

iPhone X
予約開始:2017年10月27日(金)午後4時01分

発売日:2017年11月3日(金) 

iPhone 8とiPhone 7比較:価格 

iPhone 7価格/iPhone 7 Plus価格
32GB:72,800円(税別)/85,800円(税別) 
128GB:83,800円(税別)/96,800円(税別)
256GB 94,800円(税別)/107,800円(税別)

iPhone 8価格/iPhone 8 Plus価格
64GB:78,800円(税別)/89,800円(税別) 
256GB:95,800円(税別)/106,800円(税別)

iPhone X価格
64GB:11,2800円(税別) 

iPhone 8価格はiPhone 7より少し高くなった。 

ドコモ iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xを予約>> 

au iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xを予約>> 

softbank iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xを予約>>  

2017年おすすめスマホはこれだ!iPhone/Android 2017スマホ最新情報をまとめ

2017年おすすめスマホはどれ?

iPhone 7、デュアルカメラ搭載のiPhone 7 Plus、美しさと持ちやすさを兼ね備えたGalaxy S7/S7 Edge、Xperia Z6(噂)の代わりに、2016ソニー社の最上位の機種となったXperia X PerformanceとXperia XZ、海外では高評価を得ているHuaweiの最新スマホHUAWEI P9…、デザイン高級感がありつつも高性能なスマホが次から次へと発売された。皆さん2016年の人気スマホを手に入れたのか?とはいえ、スマホの急速な普及に伴い、機種変更の頻度が高くなる。おまけに、各種スマホの不具合も次々報告されている。たとえば、iPhone 7は充電減るのが早い、ボタンが効かなくなる、Galaxy S7/S7 Edgeの不要なエッジディスプレイ、急速充電を使わないと時間が掛かるなど。

では、2016年スマホの欠点を改善するために、2017年最新スマホはどうなるか?次は2017年おすすめスマホ最新情報をまとめて、デザイン、スペック、価格そして発売日などの詳細をお届け。

【元記事はこちらへ】 

2017年おすすめスマホNO.1:iPhone 8/8 PLUS

mt-www-0216-01.jpg 

2017最強スマホといえるiPhone 8は、iPhone 10周年(iPhoneが初めて発売されてからちょうど10周年)にあたる記念すべきこの2017年で、アイフォン7sではなくアイフォン8が登場すると言われている。有機ELディスプレイ、デュアルカメラと3Dカメラの搭載のiPhone 8はほかのスペックは?

2017最新スマホiPhone 8 スペック詳細:

・ディスプレイ・サイズ:5.1インチ、69.5×142.5×7.9 ~ 8.7mm(152g)

・カラー:ホワイトパール、ブルートパーズ、ブラックサファイア、ゴールドプラチナ

・OS:Apple iOS 11  ・CPU:Apple A11チップ トリプルコア

・メモリ:4GB LPDDR4メモリ  ・ROM:32GB/64GB/128GB

・バッテリ:未定(iPhone 7より大容量化される)

・カメラ:メインカメラ : 1,600万画素x 2 インカメラ : 700万画素 3Dカメラ

・防水・防塵・指紋認証:◎

関連記事:iPhone 8とiPhone 7の違いを比較:iPhone 10周年記念モデルアイフォン8性能はどう? 

2017年おすすめスマホNO.2:Samsung Galaxy S8

galaxy-s8.jpg 

Galaxy Note 7の発火/爆発事故で、サムスンスマホは全世界で一時人気低迷している。Galaxy Note 7の販売および生産は停止されたほか、発売されたNote 7も全部回収された。それにしても、Galaxy S7 Edgeは好調な売れ行きを示している。2017春スマホモデルとし、Galaxy S8/S8 Edgeが大いに期待されている。

Galaxy S8 スペック詳細:

・ディスプレイ・サイズ:5.7インチ HD(2160 x 3840px)/145 × 72 × 6 mm(142g)

・カラー:ホワイトパール、ブルートパーズ、ブラックサファイア、ゴールドプラチナ

・OS:Android 7.0  ・CPU:Qualcomm Snapdragon 835

・メモリ:6GB  ・ストレージ:32GB

・バッテリ:3250mAh/3750mAh

・カメラ:カメラ:メインカメラ : 1200万画素 x 2 インカメラ : 500万画素

・防水・防塵・指紋認証:◎ 

関連記事:Galaxy S8とGalaxy S7の違いを比較:最新スマホGalaxy S8はどこがどう進化した? 

2017年おすすめスマホNO.3: Xperia XZ Premium 

mt-www-0217-01.jpg 

今月末のMWC 2017でソニーXperia XZ Premium、Xperia XZs、Xperia XA1、Xperia XA1 Ultraを発表した。そのうち最上位モデルとなるXperia XZ Premiumは4Kディスプレイを搭載するほか、カメラは先読み撮影や最大960fpsの超スロー撮影に対応しているから、イベント主催者である GSM Association(GSMA)よりベストスマートフォン賞を受賞した。次はこのXperia 2017年の最上位スマホXperia XZ Premiumスペックを紹介。

Xperia XZ Premiumスペック:

・ディスプレイ・サイズ:5.5インチ 4K(3,840×2,160px)HDR 156 × 77 × 7.9 mm(195g)

・カラー:ルミナスクロム、ディープシーブラック

・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 835、64-bit オクタコア

・CPU:64bit対応のMediatekのHelio P20で、2.3GHz オクタコア

・メモリ:4GB  ・ストレージ:64GB

・カメラ:カメラ:メインカメラ : 1900万画素 「Motion Eye」カメラシステム、Predictive Capture、スーパースロー撮影、5軸手ぶれ補正、4K撮影 インカメラ : 1300万画素

・防水・防塵・指紋認証:◎ 

関連記事:【Galaxy S8とXperia XZ Premium比較】2017春夏モデルGalaxy S8とXperia XZ Premiumの違いを徹底チェック!

2017年おすすめスマホNO.4:LG G6

mt-www-0217-02.jpg 

2月26日にバルセロナで開催されるMobile World Congress 2017にて、LG G6が正式発表される。LGの次期フラッグシップスマートフォンとして、「LG G6」は左右のイヤフォンの音響信号を別々に制御し音のバランスを微調整することで音に立体感を持たせるところがその特徴になる。

LG G6スペック詳細:

・ディスプレイ・サイズ:5.7型ディスプレイ 解像度1440 x 2880ピクセル(アスペクト比18:9)

・カラー:ミスティックホワイト、アストロブラック、アイスプラチナ

・OS:Android 7.0 Nougat

・プロセッサ:Snapdragon 821 2.35GHz(クアッドコア)  ・GPU:Adreno 530

・メモリ:4GB  ・ストレージ:32GB/64GB

・バッテリ:3300mAh(取り外し不可)

・カメラ:メインカメラ : 1300万画素 インカメラ : 500万画素  

・防水・防塵:◎  

2017年おすすめスマホをもっと見る>> 

 

【Galaxy S8とXperia XZ Premium比較】2017春夏モデルGalaxy S8とXperia XZ Premiumの違いを徹底チェック!

mt-www-0307-02.jpg

ソニーの新型フラッグシップモデルXperia XZ Premiumは、MWC 2017(モバイル・ワールド・コングレス)で発表された。昨年11月に日本で発売された「Xperia XZ」の後継モデル、Xperiaシリーズの最新モデルとし、5.5インチで世界初の4KHDRディスプレイ、Motion Eyeカメラシステムと名付けられた新しいカメラを搭載するところがXperia XZ Premiumの特徴となる。そしてプロセッサには最新のオクタコアプロセッサ「Snapdragon 835」を搭載し、動画やゲームを快適に楽しめるだけでなく、下り最大1Gbps(理論値)の高速通信が可能。Xperia XZ Premiumの購入を検討しているが、同じく2017年春発売予定の人気機種ーーGalaxy S8もなかなか高く評価されているから、Galaxy S8とXperia XZ Premiumどっちを選択すべきか迷っている人が多い。

では、本文はデザイン、スペック、発売日そして価格などから、2017春夏モデルのGalaxy S8とXperia XZ Premium比較し、Galaxy S8とXperia XZ Premiumの違いを明らかにする。Galaxy S8あるいはXperia XZ Premiumへ機種変更したい方はぜひチェックしてください。

【元記事はこちらへ>>】

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較:Galaxy S8とXperia XZ Premiumの違いをチェック!

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較その1:ディスプレイとサイズ

Xperia XZ Premiumは、5.5型の4Kディスプレイを搭載し、スマートフォンとしては初めて「4K HDR(ハイダイナミックレンジ)」にも対応している。一般的に、スタンダートなコンテンツ(SDR:Standard Dynamic Range)は100ニット程度の輝度情報を扱っているのに対し、4K HDRコンテンツは、およそ10倍の輝度情報を取り扱っているため、明るいところから暗いところまで広いダイナミックレンジで輝度表現が可能。4K HDRディスプレイの搭載がXperia XZ Premium最大が特徴となる。それに対して、Galaxy S8のディスプレイは5.7インチで、解像度は3840×2160(4K解像度)になる見込み。この3840×2160解像度のディスプレイでは、VR対応のため、青色光が現在のAMOLEDでの32%から6%に減少、さらに目に優しいディスプレイになる。

本体サイズ二ついては、Xperia XZ Premiumは156 x 77 x 7.9 mmで、それに対してGalaxy S8は145 x 72 x 6mmになるそうだ。またギャラクシーS8最新情報によると、S8ケース素材はGALAXY S7とS7 EDGEに取り入れられたメタル/グラスがそのまま採用される。 

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較その2:カメラ

mt-www-0308-01.jpg 

Xperia XZ Premiumもう一つの特徴は、ソニーが新たに開発したメモリ積層型センサーを搭載した「Motion Eye」カメラシステム。「Motion Eye」カメラによって生じた「Super Slow Motion(スーパースローモーション)」と「Predictive Capture(プレディクティブキャプチャー/先読み撮影)」機能はスマートフォンのカメラを活用できる場面が増える。1900万の画素数と高感度撮影に加え、「memory stacked sensor」によって960fpsの超スローモーション撮影も可能、より明暗の差を出せるようになっており、夜景などでもクッキリとした写真に仕上げられる。

そしてこれまでのギャラクシーS8最新情報では、Galaxy S8ではiPhone 7 Plus同様にデュアルカメラになることが噂されている。Galaxy S8 では、リアカメラに 1,200 万画素と 1,300 万画素のデュアルカメラを採用しているそうだ。なぜ画素数が統一されていないのかには触れていませんが、Samsungイメージセンサーには S5K2L2 が使用されていると言われている。Sonyイメージセンサーモデルもあるとされている。

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較その3:プロセッサ

mt-www-0308-02.jpg 

Xperia XZ Premiumプロセッサには最新のオクタコアプロセッサ「Snapdragon 835」を搭載している。Xperia XZ Premiumは「S835を搭載した初めての製品版スマートフォン」になる、Qualcommそう伝えた。Snapdragon 835を初搭載した機種はGalaxy S8/S8 Plusになり、しかもS835は最初はこのS8/S8 Plus向けに独占的に供給されると言われているが、Galaxy S8/S8 Plusの発表は例年よりも遅れたから、Xperia XZ Premiumは「最初のS835搭載スマホ」となった。

2017年1月3日(米国時間)Qualcommによって発表した、スマートフォン向けの最新SoC(System on a Chip)「Snapdragon 835」。Snapdragon 835は10nmの製造プロセスを採用した8コアのプロセッサで、現行の「Snapdragon 820」に対し、25%消費電力を低減、一方でCPU部の処理速度は20%、GPU(グラフィックス)部の速度は25%も向上した。プロセッサからXperia XZ Premium Galaxy S8比較すると、Galaxy S8とXperia XZ Premiumの違いはそれほど大きくないと思う。

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較その4:ストレージ

Xperia XZ Premiumの本体ストレージは、4K動画撮影、960fpsスローモーション撮影、4K HDR コンテンツのストリーミング・ダウンロードを対応するために、UFSを採用している。UFSとはUniversal Flash Storage(ユニバーサル・ストレージ・フラッシュ)の略称で、超高速でデータ転送できることが特徴。ほとんどのスマートフォンの採用しているeMMCよりも超高速でデータ転送できる点において優位性がある。64GB本体ストレージ容量(ROM)、最大256GBのmicroSDXCカードに対応しているため、合計最大320GBまでストレージ拡張が可能。

Galaxy S8最新情報により、Galaxy S8 / Galaxy S8 Plusシリーズの最上位モデルはRAN8GBでLPDDR4Xを搭載している可能性があり、ストレージ容量は最大256GBになっているようだ。Galaxy S8シリーズのストレージ容量は64GB / 128GB / 258GBになり、以前からRAMは4GBと伝えられていたが、最上位モデルにはRAM8GMのLPDDR4Xを搭載する可能性がある。

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較その5 :バッテリー

スマホを使い続けると、バッテリーの減りが速くなってしまう。これもスマホ一番不便なところといえる。そして今回Xperia XZ Premiumのバッテリー容量は3,230mAhで。Xperia XZの2,900mAhよりはるかに長くバッテリーが持続できる。また、Xperia XZ PremiumはQuickCharge 3.0に対応しているから、急速充電ができる。一方、最新鋭のSnapdragon835また高性能なカメラを搭載しているXperia XZ Premiumのバッテリー容量がちょっと少ないのかと言う疑問を抱いている人もいる。でも、XperiaにはSTAMINAモードが搭載されており、スリープ中のアプリの動作を制限することでバッテリーの消費を抑えることができると伝えている。 

Galaxy S8 と Xperia XZ Premiumスペックシート・発売日と価格の比較を見る>>

関連記事:

iPhone 8とiPhone 7の違いを比較>>

Galaxy S8とGalaxy S7の違い>>

iOS 11ダウングレード手順>>